MENU

MENU

【大雪】転ばないために脚をセルフメンテナンス

雪で転ばないようにふくらはぎをほぐす|金沢市香林坊片町の整体院|道下カイロプラクティック整体院

凍っている道を歩くのはハラハラしますね。お尻から転んでしまい尾てい骨をぶつけたり、前に転んで顔を怪我するなど、雪道での転倒による事故が多いと聞きます。このブログを読んでいる方が雪道で転んで怪我をしないように気を付けて頂きたいと思いながら書いています。

歩き方の注意点
・ひざを曲げて小さな歩幅で歩く
・カカトだけでなく足裏全体を付ける
・手を着けるように両手を開けておく(リュックなど)

凍っている路面を歩くときは、いっぱいに注いだお酒のカップをこぼさないように歩くイメージで注意して歩きましょう。
また足首が柔らかければクッションになり、転ぶ前にバランスを保てます。硬くなりがちな後脛骨筋というふくらはぎのインナーマッスルを緩めることで足首の動きが柔らかくなると不安定な場所でもボディバランスが安定し、転倒の予防に役立ちます。
足首の動きを改善するためのふくらはぎの内側のセルフメンテナンスを紹介していますので参考になさってください。


(more…)

道下カイロプラクティック整体院

  • メールからのご予約
  • アクセスMAPをみる
ご予約・お問い合わせ TEL:076-254-0103
オフィシャルフェイスブック
PAGE TOP