MENU

MENU

【自分で改善】ひざの内側の痛みは○○から来ている!?

ひざの内側の痛みに恥骨でアプローチ|金沢市片町の整体|道下カイロプラクティック整体院

今回はひざの痛みについて書いていきたいと思います。鵞足(がそく)と呼ばれるヒザの内側の痛みやだるさを解消するためのメンテナンス方法となぜ膝の内側が痛むのかについて考えて行ければと思います。先日行われた金沢市の街並みを走る金沢マラソンに参加された方も多くいらっしゃるかと思いますので紹介させていただいたメンテナンス方法で脚のダルさの解消に役立つことができるのではないかと思っています。また、O脚によっていつも足のむくみや疲れに悩んでいる方にとってもかなり効くメンテナンスとエクササイズですので、よろしければ最後までご覧になってください。

膝の内側に痛みが出やすい方の特徴

脚をグッと踏み込んだ時にヒザの内側が痛くなる。もしくは歩くと段々膝が重たく感じてくるなど、膝に慢性的な症状を持っている方にはこのような特徴があるのかもしれません。

O脚気味になっていませんか?

つま先が外側を向いた外側スラストの形になっていると、ひざの内側の鵞足を形成する筋肉の内転筋や内側広筋、大腿二頭筋などに負担がかかりやすいため、モモの内側が硬くなってしまいます。外側スラストのアライメントでは骨盤が開いてしまっているので、モモの内側に力を入れることが難しく感じたりもします。

肩甲骨の動きは良い

股関節に比べると肩甲骨の動くがよくて、可動域が比較的広いのではないでしょうか。お尻の筋肉と反対側の肩甲骨を結ぶ筋膜のつながり(アナトミートレインにおけるファンクショナルラインという筋膜ライン)が股関節の動きの硬さを肩甲骨でカバーしようと働くので、肩こりや首の痛みには悩みにくい傾向にあるかもしれません。

痛みの原因になりやすい意外なポイント

骨盤とひざの内側を結ぶ筋肉が慢性的に硬くなると骨盤の前側にある”恥骨”が歪んでしまいます。恥骨が歪んだままの状態を骨盤がインプットしてしまうと、お尻の筋肉や腰の腰方形筋といった筋肉にも次第に硬さが生まれて座骨神経痛に似たような痛み、足のしびれへと発展してしまう方も多くいらっしゃいます。
膝の内側の痛みの多くは恥骨の歪みを矯正することで改善する可能性が高いと考えられます。
骨盤の前側の真ん中に恥骨結合という組織がありますがそこから指3~4本分くらい外側にコリっとした硬さがあったり、ツーンとする感覚はありませんか?

ヒザの内側の痛みに効果的なセルフメンテナンス

膝の痛みのメンテナンスとしても試していただきたいですし、普段からのO脚による疲れや足のむくみにも有効なメンテナンスです。

恥骨のメンテナンス

仰向けで寝る

脚の付け根の内側(上記に書いた恥骨のポイント)を指の腹で押さえる

床面に押し付けるように真下の方向へ押圧をかける

10秒ほど心地よいくらいの圧をかけたら圧を抜き、5秒休む

また同じように10秒押圧して5秒抜く

これを10回ほど繰り返してください

終わった後、モモの内側がゆるんで膝の曲げ伸ばしが楽に感じていればOKです。

ヒザを伸ばす力をあげるエクササイズ

ゆるめた後は筋肉自体の出力をUPさせましょう。
どちらか片方の膝裏に丸めたバスタオルか水の入ったペットボトルを置きます。

仰向けに寝てください

ひざ裏に置いたタオルをつぶすように膝をグーっと伸ばしてください

5秒つぶして力を抜く、また5秒つぶす

これを6回ほど繰り返してください

硬い内側の筋肉を緩める

あぐらをかくようにしてひざを曲げます。ひざ下の骨に縁に沿ってふくらはぎの内側を緩めていきます。
4本指の腹を使うかメンテナンスボール、ペットボトルを使います

赤のラインに沿って骨からふくらはぎをはがすようにぐりぐりします

膝の内側からくるぶしの上の辺りまでを1往復として、3~4往復ほどぐりぐりしてください

終わった後はふくらはぎが柔らかくなり、足首の動きが軽やかになっていればOKです。


いかがででしたでしょうか?今回のことをまとめると、
・骨盤が開いていると膝の内側に痛みが出やすくなってしまう
・骨盤を閉じる方向に修正するために恥骨周囲の組織をゆるめることでひざの痛みが取れることがある
・ゆるめた後はその筋肉にエクササイズをかけて体になじませると良い
ということになります。
膝の内側が痛くて、冷やしたり温めても良くならないときは恥骨周辺の硬さをとると良いかもしれないという話でした。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

道下カイロプラクティック整体院

  • メールからのご予約
  • アクセスMAPをみる
ご予約・お問い合わせ TEL:076-254-0103
オフィシャルフェイスブック
PAGE TOP