MENU

MENU

足首の硬さを解消する4つのセルフメンテナンス

足首が身体に及ぼす影響|金沢市の整体・道下カイロプラクティック整体院

今回はひざ下のセルフメンテナンスを紹介したいと思います。

なぜこの話をするのかというと、

ひざ下の調整が首の痛みや腰の痛みの

セルフメンテナンスとして有効なのもありますが、

ダイエットの効果を高める痩せやすい身体を作るうえで

足首の動きがかなり重要になるからです。

運動によるダイエットには代謝を高めて脂肪を燃焼させる目的があります。

身体が硬いと筋肉に動きの制限がかかってしまい、

しっかりと全身を使っているつもりでも

うまく使えていない筋肉があると、

運動をしてもいまいち効果が出ないといったこともあります。

そして体の硬さの原因が、

足首にある事が大いに考えられるからです!

足首に柔軟性がないと体も硬くなってしまいます!

逆に足首に動きやすさを出してあげることで

体の柔軟性がUPすることが考えられます!

これから紹介する足首のセルフメンテナンスを行うことで

運動の効果や痛みにお役立ていただきたいと思います!

体が硬い女性

足首と体を連結させているものとは...

なぜ足首の硬さが全身の硬さに関係するのか、

そのつながりについて考えてきましょう。

筋膜のつながり

SFLのつながり

体の前面を覆うスーパーフッシャルフロントラインと

SBLのつながり

体の後面を走るスーパーフィッシャルバックラインの

つながりから見てみましょう。

この二つのラインは相互性があり、

どちらかが縮むともう一方は伸びるようにできています。

前後のラインのバランスが崩れてしまうと、

長座体前屈の動きに制限がかかったりします。

そのバランスが崩れる原因が

足首の負担で起こることが往々にしてあります!

足首が硬くなりやすい理由とは

足首が硬い

それは足の裏に秘密があります

ひざ下の筋肉はふくらはぎの外側や内側の筋肉、脛の骨の後ろや前の筋肉

カカトから指の先まで伸びる筋肉などがあります。

これらの筋肉が重なる部分が足の裏に付着していて、

この重なりの部分はあっちこっちに引っ張られているため

筋肉の硬結(コリ)ができやすいのです。

なので足裏の筋硬結をリリースすることで足首の動きが大幅にUPします!

青竹踏み(オススメ)や足裏マッサージが全身に効果的なのは

このつながりがあるからと考えられます!!

構造上の類似

足首の骨には趾骨、中足骨、舟状骨などと

たくさんの骨が靭帯で保護されていますが

手首もこれと似た構造になっています!

また、手首や足首の骨の数や形などの構造が

首とも類似しています!

この類似点がそのまま連結しています!

腱鞘炎の痛みが足首で消えたり、

首の痛みが足首で治ることもあります!

痛みの部分にとらわれず身体全体を見る視点が必要だと感じています!

構造上の類似から見たつながり


それではひざ下のセルフメンテナンスを4つ紹介していきます!!

ふくらはぎ上部のストレッチ

腓腹筋のストレッチ

ふくらはぎの腓腹筋というところを伸ばしていきます!

イスなどの台の上に伸ばす方の足を乗せます

かかとを乗せたらそのままお尻を引いて行きます

ふくらはぎの上側や膝の裏辺りにストレッチを感じます

ゆっくり深呼吸を行ってください
(3~5回ほどの呼吸を繰り返します)

ふくらはぎ下部(アキレス腱)のストレッチ

アキレス腱のストレッチ

正座した状態から、伸ばす側の膝を立てます

かかとを付けたままで立てた膝を胸で前の方向に押していきます
(かかとを付けたまま重心を前に持っていく感じです)

ふくらはぎの下、アキレス腱の部分にじんわりと伸びを感じます

ゆっくりと深呼吸を3~5回行ってください

ふくらはぎ上部のストレッチと併せて行うと効果的ですよ!

脛のストレッチ※立った状態で手すりなどにつかまって行います

つま先のポイント

指を折り曲げて図の赤丸で囲んだ親指と人差し指の間辺りを床に着けます

足首を前に突き出すことで脛の筋肉が伸びます

20秒~30秒キープしてください!

さらに聞かせたい場合は、

ひざを伸ばすことでより足首が前に出て脛が伸びます!

脛のストレッチ

足底筋膜のセルフメンテナンス

足裏の内側のライン

図は足裏の内側です。

この赤いライン上を指で押していくと、

圧痛のあるポイントがあるかと思います!

(私はちょうど真ん中あたりにありました)

そこを手の指で押圧しながら、

空いている手で足の指全体をつかみます!

その状態で足の指を反らせ、足首も一緒に曲げてください!

圧痛点を押圧、足首足指を脛の側に曲げたら

20秒~30秒キープしてください!

押していた圧痛点の痛みが和らいでいるかと思います!

 

今度は同じく圧痛点を抑えたまま、

足の指を曲げて足首を伸ばしてみてください!

(足首を内側に畳んで脛を伸ばすような感じです!)

また20秒~30秒キープしてください!

こうして足裏の内側の痛みが取れると、

土踏まずがきれいに出て

足首がの動きがスムーズになりますよ!!

ひざ下のセルフメンテナンスについて

これらのメンテナンスを行うことで

足首の硬さが取れてふくらはぎ、脛、足裏がゆるみます!

長座体前屈の可動域も変わっているのではないかと思います!

整体を受けた施術効果をより長持ちさせることにもつながりますので

ぜひ実践してみてください!!!

道下カイロプラクティック整体院

  • メールからのご予約
  • アクセスMAPをみる
ご予約・お問い合わせ TEL:076-254-0103
オフィシャルフェイスブック
PAGE TOP