MENU

MENU

【生活習慣】自然治癒力を高める簡単な5つの方法

肩こりや腰痛でお悩みの方は、痛みとうまく付き合っていかなければいけない、どうせ治らない、と思っていませんか?
私たちの体には痛みやけがを修復して自分から治ろうとする力が備わっています。
今抱えておられる首の痛みや腰痛、神経性のしびれなども自然治癒力を生かして、立ち向かいましょう。今よりもきっとよくなるはずです。

悪い習慣を見直し、習慣を取り入れましょう

痛みが改善した後は、同じような痛みをぶり返さないためにも原因となる悪い動作をしないように見直したり、場合によっては筋肉を付けることも必要です。
また、悪い生活習慣から体の良くなろうとする力を下げてしまうことで、再び痛みが起こってしまい、いつまでたっても治らないといったお悩みを持つ方もいらっしゃいます。
その為に、生活の中で自然治癒力を下げてしまう悪い習慣がないかチェックしていきましょう。

★猫背や巻き肩の姿勢がクセになっていませんか?

肩甲骨を引き下げ、胸を張った姿勢を習慣にしましょう。こうすることで肋骨を支えるために体幹の筋肉であるインナーマッスルが働いてくれます。こうしてインナーマッスルを使うことはアウターマッスルを休めることになるので肩こりや腰痛の予防になり、日々の疲労を軽減して痛みの出にくい体が作られていきます。見た目も美しくなりますし。最初のうちは慣れないので胸を張った姿勢が窮屈に感じると思います。習慣にすることで次第に体幹が鍛えられ、無意識によい姿勢をとる事ができるようになります。

★座るとついつい脚を組んでしまいませんか?

長く座っていると足を組みたくなってきますよね。この姿勢だと骨盤が後ろに倒れることになるので猫背になりやすく肩こり首の痛みにつながるので良いとは言えません。また足を組むことはお尻の筋肉がゆるむ形でもあるため、体が無意識にお尻をストレッチしようとしているとも考えられます。お尻をゆるめたら、座骨の少し前に椅子をピッタリつけて骨盤を立てる座り方に変えてください。

★毎日、化学調味料を多く含んだものばかり食べていませんか?

インスタント食品やコンビニのお弁当にはおいしく感じさせるための調味料や、長く保存できるための薬品が多く含まれている可能性があります。そういったものが体に入ると内臓がそれを分解するために働いて、疲れてしまいます。いつでも手軽に食べられて便利ですが、気付かないうちに内臓の負担になっていくので、とり過ぎには注意しましょう。

★あなたの疲労回復法は何ですか?また、あなたのストレス解消法は何ですか?

体が疲れすぎていたり、ストレスが溜まっていては自然治癒力は発揮されにくくなります。その日の疲れをその日のうちにとるためにストレッチや入浴を習慣にすることは良いことです。またストレスが溜まらないように、自分が良いと思うものに触れ、自分の価値観を再認識したり、自分が興味のある分野において新しいことに挑戦するのも良いかと思います。

★旬の食材や栄養バランスのとれた食事を意識されていますか?

旬の食材にはその季節に体から失われやすい栄養分を補う効果があると考えられます。季節の変わり目には美味しくて新鮮なものをたくさん食べて頂き、その時に必要な栄養をしっかりチャージしてください。


他にも自然治癒力を上げる方法は沢山あります。自分にとって良いと思う(けどちょっと難しい)習慣を少しずつでも取り入れて、痛みや悩みを解決するために自分の生活習慣を見直してみましょう。

道下カイロプラクティック整体院

  • メールからのご予約
  • アクセスMAPをみる
ご予約・お問い合わせ TEL:076-254-0103
オフィシャルフェイスブック
PAGE TOP