MENU

MENU

首の痛みが原因でお月見が出来ないあなたへ

首痛でお悩みの方へ|金沢市の整体なら道下カイロプラクティック整体院

お体に痛みを訴えられる方で、特に多くのみなさんが悩んでる症状が首の痛みです。

いつもこのブログをご覧になられているみなさんにも

首の痛みを改善したいと思われている方も多いのではないでしょうか?

首の痛み

たくさんの方が悩まれている首の痛みですが、私の整体院での臨床でも首のゆがみと向き合うことがとても多いです。
痛みを放っておくと頚椎症という診断名がついたりとても重い疾患に発展いている方もいらっしゃいます。
まずは首の痛みの原因についていくつか挙げていきましょう。

頭の重さに耐えられず首に痛みが出る

頭の重さは成人では約5キロ(スイカMサイズ一個分くらい)あります。
立位や座位の姿勢が崩れると5キロよりも大きい負荷が首に加わってしまうのです。

体はある程度重力に抗うことができる構造になっているのですが、不良姿勢があまりにも長く続いてしまっては、身体の構造にも限界が来てしまいます。

首のは7つの骨がだるま落としのような形で積みあがっています。
不良姿勢を支えたままの首の骨はやがてバランスを崩し、首の根元のあたりに肩こりとして痛みが出たり、上の方に頭痛の症状が出たりします。

また首の骨には骨と骨をつなぐ椎間板という組織があります。
首のゆがみが椎間板に圧迫を引き起こして神経に触れたり、椎間板を圧迫から守る為に骨棘という組織が骨に出来てしまい、お医者さんに診てもらうと頚椎症と診断されることもあります。

崩れるだるま落とし

筋膜のつながりによる首の痛みの原因

不良姿勢がクセになってまっている人の多くは、普段から手を使うことが多いという傾向にあります。

例えば美容師さんや調理師さんなど技術職の方は手を使った前側での作業をしています。パソコンを使ったデスクワークの方やスマホをずっと触っている方も肘が曲がったままの状態でずっと手を使っています。

そうすると肘から指の方に走るアームラインの筋膜が肩甲骨を前方に引き、肩甲骨が背中を丸め、体がどんどん前傾姿勢になっていきます。

体の前側を走るフロントラインの筋膜は縮むストレスを受け、背面側を走るバックラインの筋膜は伸びるストレスを受けます。

その筋膜にトリガーポイントと呼ばれる筋肉の硬結が出来て、筋膜の滑走不全が起こると支えの無くなった骨がバランスを崩し、それが身体にインプットされて不良姿勢で首の痛みへとつながります。

縮むストレスと伸びるストレス

痛みを取ったらそれを支える土台を作る

姿勢が崩れることで痛みが慢性化している場合、首を直接マッサージしても改善にはつながりません。それは、痛みの原因はそこにないからです!

痛みの部分だけにとらわれず、筋膜のつながりと骨格から本当の痛みの原因を検査していきます。

そして体がまた重力に抗えるように、首の痛みに関連する異常を全て取り除いて、良い姿勢を新たにインプットしていくことが本当の改善なります。

手をたくさん使うことで手首から肩甲骨にかけてのアームラインにコリが出来てしまう事。
頭を支える土台の役割を担っている肋骨と肩甲骨の骨格の位置を整えて、その上に首の骨を正しく積み上げていくことにより首の痛みを取り除くことができると考えています。

また、上半身のを支えてくれるのは体全体の土台である骨盤なので、首の良い状態を支えるためには骨盤の歪みを整えることが必要になります。
骨を支える土台を作る


私はあなたの痛みを根本的に改善したいと思っています。

そのため、施術以外のカウンセリングと検査に時間を長く設けています。

そして整体を終えてからは、その方の生活に必要なストレッチやエクササイズなど、セルフメンテナンスの方法を細かくアドバイスさせていただきます。

病院へ行っても治らずに、長年付き合ってきた首の痛みを改善したいと思っている方は是非当整体院にご相談ください。

道下カイロプラクティック整体院

  • メールからのご予約
  • アクセスMAPをみる
ご予約・お問い合わせ TEL:076-254-0103
オフィシャルフェイスブック
PAGE TOP