MENU

MENU

疲れた内臓を休めるための5つの方法

内臓が与える身体への影響|金沢市の整体・道下カイロプラクティック整体院

今回は内臓の機能を高めてダイエット効果を上げる為の記事を書きました。

なかなか運動の効果が出なかったり、生活習慣を見直そうと考えている方の参考になればと思います。

内臓が疲れると…

・カロリーを抑えた食事をしても、うまくエネルギーに変換できずに太る。

・たくさん運動をしても、排出された尿素を体が分解できず、なかなか痩せない。

・消化→吸収→代謝→排泄のリズムが狂い、むくみや冷え、便秘、が起こりやすい

・内臓由来の腰痛や肩こり、頭痛の症状を抱えている方も。

体の健康や体重を気にされている方にとって、

このような状態は一刻も早く好転させたいですね!

ダイエットの敵は低体温

冷え性の女性

特に女性の方に気をつけていただきたいのが

低体温です。

体温が35度台の方は低体温ということになります。

また、今は冷え性などの自覚がなく

以前は低体温だったけれども、

更年期を境に体温が上がったという方に関しても

低体温ということになるそうです。

低体温になるとホルモンバランスが崩れて

女性特有の症状に繋がることが考えられます。

冷えやむくみは起きやすく、

生理不順や生理痛、不妊

更年期障害による高血圧やイライラなど

の症状が起こりやすくなります。

この低体温を防ぐ方法、

それは基礎代謝を上げることです!

基礎代謝って何!?

基礎代謝とは体を動かしていないときにも消費するエネルギー、

つまり内臓の働きを表すエネルギーのことだと考えられます。

年を重ねるごとに下がってしまう基礎代謝、

これをできるだけ下げないようにするには

どうすれば良いのでしょうか?

内臓を休めるための5つの方法

体温が高いと内臓が働く
基礎代謝を上げる方法として、

疲れている内臓を休めてあげる

という方法があります。

不足している栄養を補ったり、

体を動かして内臓の周りに溜まった老廃物を流したり、

ストレスを解消したりすることで、

内臓にかかる負担を取り除いてあげましょう。

胃腸の働きを良くするためには

野菜中心の生活

野菜をモリモリ食べること、

嚙む回数を決めて消化を助けること、

これによって

消化 → 吸収 → 代謝 → 排泄のリズムが

整いやすくなります!

肺の働きを良くするためには

深呼吸

深呼吸をすることです。

姿勢が悪く猫背気味の方は

横隔膜の動きが小さくなり

呼吸自体がしづらい方もいらっしゃいます。

外と内の空気の循環を促すための

大事な役割がありますから

肺に負担をかけないように良い姿勢を意識しましょう!

心機能を高めるために気を付けたい事

加工肉の摂りすぎに注意しましょう

ハムやソーセージ、ベーコンなどの

加工肉を摂りすぎることで、

心臓や小腸に

少しずつ負担をかけていくと言われています。

心臓や小腸の働きが悪くなると

感情に影響が出ることがあります。

なんだかそわそわしていつも落ち着かなくなったりと、

焦燥感に駆られてしまうことがあるようです。

また、心臓や小腸の働きを良くするためには、

肩甲骨を多く回す、『肩甲骨はがし』や、

背筋の筋力トレーニングなどが

効果的だと考えられます。

くれぐれも加工肉の食べ過ぎには注意しましょう!

腎臓の働きを良くするためには

水分補給する女性のイラスト

冬になると汗をかかなくなるため

尿によって体の水分を調整します

水分をあまりとらず、身体の水分量が適切でないと

腎臓に負担がかかってきます。

腎臓はちょうど腰の上あたりにあり、

働きが悪くなることで

腰痛を起こしたりします。

また腎機能の低下は感情にも影響を与え、

勇気が出なく心配性になったり、

なんだか自信がなくなる

という事もあるようです。

腎臓は体幹の『腸腰筋』という筋肉と連結しているので、

体幹のエクササイズやストレッチ

を行うと良いでしょう。

冬の水分補給もしっかり行ってくださいね!

肝臓を休めるために気を付けたい事

肝臓

肝臓の機能を整えることで

体の不調が改善するという事もあります。

肝臓にはアルコールを分解する働き以外にも

体を動かすのに必要なエネルギーを蓄えたり

老廃物を流すための胆汁を作っています。

肝臓に不調があると

ついつい怒りっぽくなってしまったり

短気になったり我慢が出来なくなったりすることもあります。

肝機能の低下を防ぐには、

・塩分の取りすぎに注意する

・コンビニ弁当はやめて添加物や保存料の入っていないもの選んで食べる

・暴飲暴食を避けて腹八分目を心がける

などがあります。

また、菱形筋という背中の筋肉や

大胸筋の肋骨側の組織と

つながりがあるため

体を整えることで肝臓に対しても

良い影響が与えられると考えられます。


内臓を休め、ダイエット効果を高めるためには

生活リズムや食生活の見直しと

適度な運動が必要と考えられています!

また、整体で骨盤の歪みを整えることで

働きが悪くなっていた内臓の機能自体が

アップすることも大いに考えられます。

体重を落とすために体温を上げる工夫をして

健康的なダイエットのお役に立てればと思います。

道下カイロプラクティック整体院

  • メールからのご予約
  • アクセスMAPをみる
ご予約・お問い合わせ TEL:076-254-0103
オフィシャルフェイスブック
PAGE TOP