MENU

MENU

骨盤底筋群のセルフメンテナンスを紹介

骨盤底筋を整えて美しい女性に|金沢市の整体・道下カイロプラクティック整体院

今回は骨盤底筋群の働きとセルフエクササイズについてお話していきたいと思います。
なぜこの話をするかというと、整体院で施術を受けた後の効果をより長続きさせたり、痛みの戻りを防ぐためには骨盤底筋群の働きが必要な場合がある事です。

骨盤の歪みを整えた後はそれをキープするための力を高めていこうというわけです。
そしてこの骨盤底筋群というのは筋膜のつながりにおいてディープフロントライン(DFL)という、生きてく上では欠かせない働きを担う場所に位置しているからです!!
骨盤底筋を使えてないと...

生きてく上では欠かせないディープフロントラインの働き

ディープフロントライン
図の青色の部分がディープフロントライン(以後、DFLと記します)と称される筋肉の複合ラインです。

足の裏の内側から股の内側を上がって骨盤に入り背骨の前を通って顎関節にまで筋肉のつながりを示したラインです。

つまり、体幹の筋肉が足の先から顎関節までつながっていることを示しています。
以前のブログで紹介した筋膜ラインのスーパーフィッシャルバックラインとスーパーフィッシャルフロントライン(体の前後のバランスを取るライン)、スパイラルラインとファンクショナルライン(回旋運動と背骨の安定に関わるライン)のラインにこのDFLが円形に取り巻かれています。

DFL自体は主動的な筋肉ではなく補助的な筋肉の集まりで、ほかのラインよりも筋肉の密度が高いのが特徴です。
運動時の主動的な役割はなく内部からの補助的な役割をします。
つまりこのDFLがしっかり活動しているおかげで外側の主動的な筋肉が上手く使えるわけです。
家事や育児をしてくれるお母さんがいるから外で旦那さんが仕事を頑張れるみたいな。

呼吸と歩行

走る女性

首にある斜角筋、肋骨の間にある肋間筋、そして横隔膜と呼吸の時に動く筋肉はDFLに属しています。
その呼吸に関する筋肉を腰の筋肉を介して脚にに繋げています。
この連結が呼吸のリズムと歩行のリズムのバランスを安定させています。

マラソンランナーが何時間も長い距離を走ることができるのは、DFLの補助があってこそと言えるかもしれません。
長い結婚生活を有意義に過ごすには素敵な奥さんの存在が必要不可欠みたいな。(筆者は独身)
息苦しさや歩き方に悩みを抱えていらっしゃる方にとってこのDFLの調整と強化は必須です。

神経系に関与

神経

自律神経との密接なつながりがあります。
内臓の働きをコントロールしてくれたり、副交感神経と交感神経のバランスを整えています。

朝晩の温度差などで自律神経の働きが崩れやすい時は、DFLの機能をUPさせることが改善のカギとなるのかもしれません。

姿勢を支える

本を載せて歩く女性

・股関節の位置を骨盤の適切なところでキープする

・脚と背骨をつなげて腰を安定させる

・肋骨と顎関節をつないで首のバランスをキープする

このように姿勢を支える役割があります。
DFLを活発に働かせることで自然ときれいな姿勢が楽に取れることが考えられます。
奥さんが元気だと家庭全体が明るいみたいな(?)

腰痛の原因

腰痛の女性

骨盤の上あたりの腰痛は腰方形筋という筋肉の硬さが原因です。
腰方形筋が硬くなると骨盤が前に傾いて反り腰がきつくなってしまいます。
それもDFLの支えが弱くなり機能が下がって外側の筋肉に支えさせているためだと考えられます。
奥さんが寝込んでしまって旦那さんが仕事に家事も炊事も全部行っている状況です(大変だ!)


外からは見えないのでどのように動いてどう効いてるのかが分かりにくいですが、機能が低下してしまうと痛みや歪みが表立って出てくるのです。
呼吸や歩行、神経の働き、姿勢の保持に影響するDFLは縁の下の力持ち、陰の主役といったところでしょうか。
まさに生きていく上では欠かせない働きをこのDFLが担ってくれています。

骨盤底筋群のセルフエクササイズ

※用意するもの

ゴムボール(無ければタオルなどで代用できます)

イスに座り、ゴムボールを坐骨の下に引く

股関節を軽く開く

手を万歳する(横隔膜が広がります)

軽く背伸びをした状態でゆっくりたっぷり息を吸う

息を吐くと同時にお尻の穴をキュ~ッと締める

息を吸うと同時にお尻の力を抜いて緩める

これを10回続けて行う

※2セット目を行えるようであれば呼気の時にお尻を締めあげながら体を横にユラユラと揺することにより体幹をしっかりと意識することができます。

ポイント

・じっくりゆっくり
・横隔膜を使って骨盤底筋を鍛えます

・呼気の時にお腹の内側がモゾモゾと動くような感覚があるかと思います

ゴムボールは下から上にDFLを引っ張り上げることを意識するためで、手の万歳は横隔膜を広げることをイメージするためにやります。
慣れてきたらゴムボールや万歳なしで、立ったままや歩行時でもこのエササイズをすることができます。

ぜひぜひ実践してダイエットや姿勢の改善にお役立てください!

道下カイロプラクティック整体院

  • メールからのご予約
  • アクセスMAPをみる
ご予約・お問い合わせ TEL:076-254-0103
オフィシャルフェイスブック
PAGE TOP