MENU

MENU

【目指せ美尻!!】お尻を上向きにする方法

整体でスタイルを良くする | 金沢市片町で女性も安心の整体院

今回はお尻を小さくするための方法についての記事です。
ラインのくっきり出るズボンが履けないなど、お尻のコンプレックスを解消するにはズバリ『柔軟な股関節』が必要なのです!
上向きのお尻をゲットするための股関節を柔らかくするエクササイズをいくつか紹介していきます!

股関節の動きでお尻の形が決まる

お尻は骨盤と大腿骨をつないで下半身の動きを上半身に伝えたり、姿勢を支えるために働く大事な筋肉です。姿勢を支える仕事ばかりで動くための筋肉が衰えるとお尻は垂れ下がってしまいます。
下がってしまった筋肉は硬くなり股関節の動きを悪くするので、腰痛の原因にもなりうるのです。上向きのお尻を目指すことは痛みをとり日々の健康を支える事にもなりうるのです。

股関節の動きは6種類

柔軟な股関節がお尻を上向きにしてくれるのですが、股関節には6通りの動かし方があります。

前後の動き

足を前後に動かします。後ろの動きでお尻の大きな筋肉の大殿筋が収縮します。座る姿勢をとることが多い方は、後ろの動きが苦手になりお尻が垂れ下がりやすいです。

左右の動き

お尻の側面を使い、足を横の方向に上げ下げをする動きです。中臀筋や大腿筋膜張筋、内転筋などを使います。立っている時は股関節を安定させるために働いている筋肉を使うので、立ちっぱなしの方は横に動かすのが苦手な方が多いです。

内ひねり外ひねり

足を内側と外側にひねる動きはとても重要で、大中小の殿筋や外旋筋などの股関節に着いたお尻の筋肉をまんべんなく使います。いつもつま先が外や内に向いてしまう自覚のある方はお尻の筋肉の硬さによってこの動きが苦手になります。

上向きのお尻をゲットするためには、6種類の動きがきちんとできるように股関節を柔軟にしておく必要があります。

ヒップアップのための3つの股関節エクササイズ

歩き方を変える

足の前後の動き方を意識して歩くことが大事で、特に後ろの動きを大げさに意識しましょう。地面に足がつくとき、反対側の膝をしっかりと伸ばして後ろ足で地面を蹴りだすことを心がけて歩きましょう。歩くたびに大殿筋がキュッとなり、眠っている筋肉を呼び覚ましてくれます!

カエルエクササイズ

うつ伏せの状態で両膝を開き、足首クロスさせてください
ひざの角度を90℃くらいにしてカエルのようなポーズが取れたら
太ももの前側を地面から浮かせて10秒間キープします
お尻の深くの筋肉を呼び起こすエクササイズです
10秒経ったら少し休んで繰り返します
これを3回~5回行ってください

左右の動きを柔軟にするエクササイズ


うつ伏せになります
膝をまっすぐ伸ばし、膝と足首を床から少し浮かせてください。
両方のカカトをくっつけて内側の方向にをギュッと押し合い10秒間キープします
内ももにある内転筋や骨盤の内側の腸骨筋に働き掛けています。

終わったら今度は足首をクロスさせましょう。
こうして足首を固定したまま、外側の方向に押し合うように10秒間キープしてください
大腿筋膜張筋や外腹斜筋といった側面の筋肉に働き掛けています

これを内方向と外方向セットで2~3回繰り返し行ってください
股関節の左右の動きがしやすくなります


これらのエクササイズを行うことで股関節を動かすために必要な筋肉を呼び起こしてください。やった後はお尻の筋肉に効いた感じが残って、股関節の動きがスムーズになっていますよ!

上向きのお尻をは一日にしてならず、毎日の歯磨きのように良い習慣を行う積み重ねが大事です。

・お尻を上向きにするためには柔軟な股関節が必要
・毎日行うことが大事なので続けやすい自分に合った回数で取り入れること
・ヒップアップした自分を想像しながら頑張る

この3点を意識することがお尻を上向きにするための習慣として取り入れるコツです!頑張って、あなただけの美尻を手に入れてください!!

道下カイロプラクティック整体院

  • メールからのご予約
  • アクセスMAPをみる
ご予約・お問い合わせ TEL:076-254-0103
オフィシャルフェイスブック
PAGE TOP