MENU

MENU

坐骨神経痛=ヘルニアなの?

坐骨神経痛の原因と対処法|金沢市の整体・道下カイロプラクティック整体院

坐骨神経痛と聞いて、私だ!と思う方も多いのではないでしょうか?

体を動かしたとき、特に膝を曲げたときにお尻や太もも、ふくらはぎの裏側やつま先に鋭い痛みを感じます。
坐骨神経痛は腰の骨から下方の感覚をつかさどる末梢神経でこの支配領域に沿って症状が出ます。
よく言われている原因としては、椎間板ヘルニアのせいで坐骨神経痛が発症するという事があります。

しかし、中にはレントゲンなどを撮っても椎間板には異常はなく、ヘルニアではないにもかかわらず坐骨神経痛に悩まされている方も多くいらっしゃいます。
その原因が最近では少しずつ明らかになってきているのでご紹介いたします。
坐骨神経痛

坐骨神経痛の原因1;仙腸関節の歪み

骨盤
骨盤の腸骨と仙骨の間にある仙腸関節という部分に歪みが出来るケースです。
仙腸関節は歩行時などに足から伝わってくる衝撃から腰椎を守るクッションの役割をしています。
ですが仙腸関節に動きの悪さがあると足から伝わってきた衝撃が腰椎にそのまま伝わってしまいます。
腰椎と仙骨の間にある坐骨神経の根元の部分にダメージを与えてしまい、痛みやしびれの症状を引き起こすケースがあります。

坐骨神経痛の原因2;筋肉の硬結

550263
坐骨神経は腰椎の前面から臀部を通って脚の後部にかけての筋肉の間を進み、その途中で枝葉に分かれていきます。
たとえば臀部の筋肉が硬くなってしまうと、坐骨神経の枝葉の部分を締め付けます。
するとその先のふくらはぎやつま先、もしくは臀部自体に痛みやしびれを出してしまうのです。

坐骨神経痛の原因3;内臓の機能低下

内臓機能低下
肝臓や腸や腎臓などといった臓器は腹膜という膜の組織に覆われています。

生活習慣などによりどこかの内臓の機能が低下すると内臓自体に硬さが生じます。
内臓の硬さに腹膜が引っ張られることがあります。

腹膜は後ろの方で腰椎や胸椎と連結しているため、腰椎や胸椎は腹膜に引っ張られて歪みます。
つまり内臓の硬さが腹膜を介して背骨をずらし、坐骨神経痛の症状を引き起こすことも考えられます。

坐骨神経痛の対処法

アライメントを整える
解剖学に基づいてアライメントをキレイに整列させる事です。
アライメントとは頭部、体幹、骨盤、四肢の配列のことを言います。
痛みやシビレが出ている時はアライメントが崩れています。
まずは、土台なる骨盤の矯正、仙腸関節の調整、骨格を整え歪みをなくし、坐骨神経にかかる負担を取り除いていく必要があります。整体も有効です。

次に、アライメントの不良によって硬くなった筋肉にできる硬結(コリ)をリリースしていきます。
筋硬結は筋と腱の移行部にできやすいです。
筋硬結(コリ)がリリース(解除)されれば骨格と筋肉が正しい位置に戻り、坐骨神経の圧迫を取ることができると考えられます。
そして、内臓の調整をし腹膜の硬さを取ります。
腹膜が柔らかいと脊椎へのダメージが軽減されるほか、腸腰筋や大腿筋膜張筋がほぐれるだけでなく、腸の働きも良くなると考えられます。

坐骨神経痛にならないように普段から気を付ける事

姿勢に気を付ける
姿勢を気を付ける事です。
長時間の同じ姿勢をとるときは小一時間に一回は姿勢を変え、屈伸をしたり肩を回したりしましょう。
長時間の作業を行う場合は首や腕などに必要以上に力が入っていないかチェックしてみましょう。
筋力の低下によって骨盤や肘やヒザの関節は外に開いて下がる傾向にあります。
重心をしっかり骨格でとって頭のてっぺんから吊り下げられているような姿勢を意識しましょう。
また、姿勢に気を付けることは集中力を増加させ仕事の効率が上がることも考えられます。


坐骨神経の症状が出ているからと言って椎間板ヘルニアかというと、必ずしもそうとは限らないと言えます。
レントゲンやMRIでは見つけられない坐骨神経痛の原因もなかにはあり、痛みの部分だけを原因と決めつけるのではなく身体を統括的にみる視点が必要だと考えています。

道下カイロプラクティック整体院

  • メールからのご予約
  • アクセスMAPをみる
ご予約・お問い合わせ TEL:076-254-0103
オフィシャルフェイスブック
PAGE TOP