MENU

MENU

四十肩の痛みで来院された30代女性の臨床について 

先日、整体に来られた、四十肩(肩関節周囲炎)の患者さんの臨床についてです。

四十肩(肩関節周囲炎)の原因とは!?

肩関節周囲炎

【主訴】

主訴は、去年の春くらいから左手を上にあげたとき肩に痛みがでる、とのことでした。

肩こりや腰痛などの症状はなく、頭痛や目の疲れ、腕のシビレなどもありません。

以前は病院に行って検査をしてもらいましたが、肩関節周囲炎ですが手術の必要はありませんと言われてシップをもらってきただけで、痛みは取れていません。

バスのつり革につかまったり、長い髪の毛を後ろで結う動作などの時にピキッと痛みが走るため、その痛みが怖くて動作が思うようにできずに、つい苛立ってしまう事もあるとおっしゃっていました。

とにかく左肩関節の挙上時痛をどうにかしてほしいという感じでした。

主訴

【評価】

痛みの出る動作を見せてもらうため、左右の手をできる範囲で挙げて頂きました。

右手の方はスイスイと上がりますが、左手を上げようとすると脇が締まり肘が曲がった状態のまま痛みにおびえるように恐る恐る上げる様子でした。

そして肘の位置が肩の高さまでいかないところで痛みが、肩と腕の境目辺りにピキッと出ていました。

評価

【視診】

左肩を上げようとすると鎖骨の外側が上がってしまいます。

いかり肩のような形で僧帽筋の上部繊維などにストレスがかかっているように見えました。

また左の動作の時に肘を屈曲させたままあげていることから、指や前腕の部分にも日常的にストレスがかかっているのかと思いました。

動作の時に関わらず猫背の姿勢になっているので広背筋の弱化も考えられます。

【施術】

肩関節の痛みの原因が肘の屈曲位にあると判断し、患者さんにもそのことを伝えたうえで施術を開始します。

前腕がとにかくパンパンに張っていて、特に肘の内側上顆という骨のあたりに筋硬結(コリ)が目立ちました。

これは長掌筋や浅指屈筋と呼ばれる指を屈曲させる筋肉の走行がクロスするところで、指の使い過ぎなどによりコリのできやすい場所です。

この女性は全身を整えるコースで来院されたのですが、肩の痛みの原因になっている左前腕のコリを取るために多くの時間を費やす必要があると判断しました。

その為、

「もしかしたら全身の整体ができないかもしれません」

と伝えると

「左肩の痛みが取れるのならそれで結構です。」

と理解を頂きました。

25分ほど左前腕に時間を費やしました。

ようやく筋硬結が取れて手首の動きや肘の屈曲伸展が改善され肩関節の動きが最初よりも良くなっていきました。

そのあとは、痛みの戻りをなるべく防ぐため骨盤や背骨、首の骨を整えて、整体後はストレッチのご提案をさせて頂きました。

結果

【結果】

整体後、最初と同じように立ったまま左右の手を大きく振るように挙げて頂くと、左の肩関節の可動域があがり、右と同じくらいの高さまで上がっていました。

痛みはほとんど取れて最初10くらいあった痛みが2くらいまで減っているとのことでした。

患者さんの顔にも笑顔が戻っており、痛みの原因がはっきりしたことで安心された様子でした。

痛みの原因は指や手首の使い過ぎでできた肘のコリが、腕を上げるときに肩の挙上に制限をかけていたことでした。

事務職である彼女はデスクワークで常にパソコンを使うほか、大きな箱に入った荷物の上げ下ろしもあったり、自宅やバスでの移動中にはスマートフォンを使うなど、常に指にかかるストレスをそのまま放置していたのです。

結果


【まとめ】

・肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)と診断された症状は指の使い過ぎによる腕の歪みのせいだった

・痛みの部分には原因がなく、つながっている別の場所に本当の原因がある事が多い

・そのため普段の生活でよく行う動作や姿勢などを、患者さんからしっかりと問診することが必要である

道下カイロプラクティック整体院

  • メールからのご予約
  • アクセスMAPをみる
ご予約・お問い合わせ TEL:076-254-0103
オフィシャルフェイスブック
PAGE TOP