MENU

MENU

【秋バテ!】夏に溜まった内臓の疲れを改善する方法

夏の生活習慣と内臓疲労 | 金沢市片町の整体院 | 道下カイロプラクティック整体院

夏場のたまった疲れが徐々に出始める頃ですね。「最近、妙に疲れるな。」と感じる方も多いのではないでしょうか。もしかするとその原因は、”内臓の疲労”にあるかもしれません!

内臓疲労のセルフチェック

疲れがたまった感じがする
顔や手足がむくむ
体がダルくてやる気が出ない
食欲がなくなる
胃がもたれやすい
下痢などでお腹がゆるむ
寝ても疲れが取れない

これらが当てはまる場合は、夏の疲れによって内臓の働きが下がっているからかもしれません。

夏に内臓が疲れやすい理由

夏の疲れを引きずったまま秋に入り、気候の変化に体が追い付かずに体調を崩されている方も多いかと思います。夏の生活習慣の影響がこの時期になって出始める為です。

温度変化による自律神経の乱れが内臓の働きを抑えてしまう

内臓の働きを管理するための自律神経は、内臓の働きを管理して体温を調節する役割があります。外にいるときは体温を下げるために汗をかき、寒さを感じると筋肉を収縮させて体温を上げようとします。これは変化を感じ取った自律神経が、どんな環境でも体の機能を一定に保とうと内臓に働きかけています。
エアコンの効いた部屋から屋外へ移動するたびに、自律神経が働いてその場の気温に身体を対応させています。あまりに大きな温度差の中で体温を一定に保つ働きはかなりのエネルギーを使い、自律神経に負担がかかります。
乱れた自律神経が、内臓を働かせる管理の仕事を怠ってしまい、弱った腎臓が体のむくみを起こしたり、肝臓によってが全身のダルさを、腸が便通の不調を、心臓が首肩のコリを強く感じさせるなど、内臓由来の症状の原因になります。

冷たいものの食べ過ぎで胃が疲れてしまう

内臓の疲れは冷房だけの原因ではありません。暑い夏にはどうしても冷たいものが食べたくなりますよね。冷たいアイスや冷えた飲み物などをたくさん摂ることは胃腸を疲れさせてしまい機能を下げてしまいます。
胃腸の機能が下がり、食べ物を消化して栄養を吸収する働きが鈍ると、食欲が落ちるだけでなく栄養不足から体力が落ちていき全身のダルさにつながると考えられます。

このような夏特有のの生活習慣によって溜まっていった内臓の疲労を解消しないまま、秋を迎えてしまうのでこの時期に体調を崩される方が多いです。

内臓の疲れを解消するための方法

食生活や食事のタイミングの見直し

温かいものを食べて栄養を付けましょう。代謝を促すビタミンなどを多くとるよう心がけます。食欲がないときでもお味噌汁やポタージュなど、体を温めながら栄養の摂れるものを積極的に取り入れてください。また、寝る直前まで食事をしていたりお酒を飲むのはやめて、睡眠時間を多くとりましょう。睡眠中は内臓が休まるので、食物の消化や吸収をさせてしまうと内臓疲労の回復が出来なくなってしまいます。なるべく寝る3時間前には食事を済ませるよう心がけましょう。

自律神経を整える深呼吸

内臓は筋肉や骨とは違い、外から働きかけることは難しいのですが、横隔膜を動かす深い呼吸を使えば自律神経が整い、間接的に内臓を休めることができます。
鼻から息を吸ってお腹のふくらみを感じたら、口からハァ~っと息を吐いてください。この時に下っ腹がグッと凹むところまで吐くのがポイントです。
一呼吸を15~30秒ほどかけて10回から20回くらい行うと、横隔膜の動きが自律神経を副交感神経優位にして、内臓の働きが活発になります。

腸腰筋を鍛えなおす

前回のブログでも紹介した筋肉の腸腰筋を鍛えることをおススメします。使われないまま放っておいた腸腰筋は次第に細くなり、背骨や内臓を支えきれなくなります。胃腸の位置が下がると胃下垂症やポッコリお腹の原因になります。内臓の位置を戻し、働きを促すために腸腰筋のエクササイズを行ってください。運動が苦手な方は普段の歩き方で腸腰筋を意識すると良いでしょう。

体をメンテナンスしに整体へ行く

内臓の周りを覆っている筋膜の硬さをとる事で、位置が修正できるので働きを安定させることができると考えられます。自分で生活や運動の習慣を正すことが難しい場合は、遠慮なく整体の力を頼ってください。きっとお役に立つことができると思うので。


いかがでしたでしょうか。今あるだるさはこの時期特有の夏に乱れた生活習慣のせいかもしれないという話でした。これからの生活を見直して、いつも通りの健康な生活に戻るためにお役に立つことができればうれしいです。

道下カイロプラクティック整体院

  • メールからのご予約
  • アクセスMAPをみる
ご予約・お問い合わせ TEL:076-254-0103
オフィシャルフェイスブック
PAGE TOP