MENU

MENU

骨盤後傾型の歪みについて

後傾型骨盤|金沢市の整体なら道下カイロプラクティック整体院

前回に引き続き、骨盤の歪み方シリーズです。
歪みの傾向としてもう一つ代表的な、骨盤後傾型という姿勢になられる方が多くみられます。
この姿勢は筋肉の緊張があまりなく、細身の方に多くみられる歪み方です。

骨盤後傾型の歪みについて

どんな状態?

体の土台となっている骨盤が前ではなく、後ろに傾いた状態です。
上に乗っている腰の骨が後ろ側に引き伸ばされる形になります。

骨と骨の間の椎間関節に動きの遊びがなくなってしまうので、腰周りの筋肉が硬くなり、腰痛の症状が出やすくなります。
腰の骨のクッションの役割をする椎間板が前方にズレてしまうので神経に触れ、椎間板ヘルニアの症状が出る可能性があります。

骨盤後傾猫背姿勢

何が起こるの?

土台の骨盤が後ろに傾くため、腰の骨から背骨にかけても後方にずれて猫背の姿勢になります。
そうすると肩甲骨の動きに制限がかかって、肩こりや背中の痛み、筋筋膜性の頭痛や腰痛に繋がります。

首の骨が肩よりも前に出てしまうため頭が前方に傾き、ストレートネックや顎関節症になりやすいです。
座るときには尾てい骨に体重がかかるため、仙骨と股関節を結ぶ靭帯に歪みが発生し、仙腸関節のズレによる腰痛の原因にもなります。

骨盤後傾による猫背

なんでそうなるの?

立っている時や座っている時に、上部胸椎が屈曲している
『前かがみ』の姿勢が癖になると、そのバランスを骨盤が支えようとして後傾位になってしまうと考えられます。

作業するときの環境(キーボードなどの位置が不適切なまま作業を余儀なくされたり)によって頭が前に傾いたり顎が前に突き出してしまう姿勢が骨盤の後傾に影響します。
筋肉の働きが弱まって、骨盤をニュートラルな位置で支えられない状態ということになります。

前かがみ

チェックする方法

※広い壁のある室内などで行ってください

1.壁際を背にして立ち、踵を5センチくらい離します。

2.おしりと背中と後頭部を壁につけてください。

3.壁と腰のすき間に片方の手を入れるとすき間がほとんどなく、手が引っかかってしまう方は骨盤が後傾してると考えられます。

ちなみに、手のひらが両手とも入ってしまう方は、
骨盤が前傾してると考えられます。

どうすれば良くなるの?

骨盤の位置を中間位(屈曲も伸展もしていないニュートラルな位置)に戻すことが必要です。
まずは、硬くなった太ももにストレッチを加え、腰の骨を前方に矯正させましょう。

ハムストリングのストレッチ ※立ったままできます

足を肩幅に開き、ひざを軽く曲げて腰をそらせお尻を突き出します。
  ↓
手は前などにだらんと垂らして脱力します。
  ↓
そのまま前屈して、深呼吸を3回ほど行います。
  ↓
骨盤の後傾によって硬くなった太ももの裏側が坐骨から引き伸ばされます。

後ろに傾いた腰の骨を前方に矯正 ※反り腰の方、腰に痛みのある方はやらないでください

丸めたバスタオルを用意します。
  ↓
ベットに仰向けになって頂き、丸めたバスタオルを腸骨の上のあたり(ベルトを締める位置)
に敷きます。
  ↓
このまま大きく深呼吸を5回から10回行ってください。
  ↓
腰の骨がニュートラルの位置に戻り、良い姿勢がとりやすくなります。


もしも、セルフメンテナンスで骨盤の後傾を解消できない場合、骨盤の関節(仙腸関節)が歪んで固まっているいる事で、正しい位置に戻れない状態となっている事が考えられます。

その場合、整体やカイロプラクティックなどで、一度整えてあげる事がオススメです!
歪み方に合わせたストレッチやエクササイズを他にも患者様に提案しておりますので、何でも当整体院にご相談下さい。

道下カイロプラクティック整体院

  • メールからのご予約
  • アクセスMAPをみる
ご予約・お問い合わせ TEL:076-254-0103
オフィシャルフェイスブック
PAGE TOP