MENU

MENU

猫背の原因はこんな意外なところにもあったんです

当整体院には頭痛、肩こり、背中の痛みや座骨神経痛など様々な症状を訴えられる方が来院されますが
お体に重い症状を抱えている方々に共通して言えることは、

ふくらはぎがパンパンに張っているということです。

首や肩甲骨に不調を感じている方でも、ふくらはぎを緩ませていくと
『あっなんか上半身まで楽になってきました!』と、おっしゃる方もよくいらっしゃいます。

そこで今回は、第二の心臓と呼ばれるふくらはぎについて少しまとめてみました。

Fotolia_32409540_XS-min

あなたのふくらはぎは大丈夫!?ふくらはぎに関する4つの項目

1.ふくらはぎの硬さが及ぼす全身への影響

人間の体の血液は重力によって約70%が下半身に集まります。
その血液を上半身へ引き上げるためには、ふくらはぎの筋肉が血液を循環させるポンプの働きをする必要があります。

しかし、ふくらはぎは重力の影響を受けやすいため、長時間のデスクワークや立ちっぱなしの姿勢などで筋肉を使わないことが増えてくると血液を循環させるポンプの働きが弱くなっていきます。そうすると全身の血流やリンパの流れが悪くなるため、末端冷え性やむくみの原因につながることが大いに考えられます。

シャワーで済まさずにしっかりと湯船に浸かって温めたり、つま先立ちスクワットをするなどを生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。
ponnpu

2.栄養不足が原因でふくらはぎがつる
寝ている最中に脚がつってしまい快適な睡眠を妨げられる、といった経験がある方も多いのではないでしょうか。これは体の中の神経や筋肉の働きを調整するのに必要な栄養素である、ミネラルのバランスが崩れてしまうせいで起ることが分かっています。バナナやきな粉、納豆などカリウムやマグネシウムを多く含んだものを食べたり、寝る前に水分をとることで解消されることもあります。 日頃の食生活に偏りがないか、水分をちゃんと取っているかを見直すことで、夜中の突然な痛みに怯えることもなく安心して眠りにつくことができるかもしれません。

Colorful capsules with vitamins and minerals

3.猫背姿勢とふくらはぎ

僕の今までの経験上、姿勢が悪く猫背になっている方ほどふくらはぎが張っているということがあります。

前回のブログでも少し触れましたが、これは内臓の重さや普段の生活のクセなどから体が前傾姿勢になり、それに対抗する為に後ろに引っ張り返す力をふくらはぎが担うためだと考えられます。主要姿勢筋の一つであるふくらはぎが硬くなっていては良い姿勢が取りづらくなってしまうのです。

逆に言えば、ふくらはぎをゆるませることで後ろに引っ張る力がうまく使われると猫背の姿勢が改善していく方も少なくはないのです。
ふくらはぎと猫背

4.ふくらはぎの外側が痛む場合

体を支える土台となっている骨盤が開いてしまうと、立っている時の姿勢を支えるための太ももの内側の筋肉が弱ってしまいます。その影響でふくらはぎの外側に余計な負荷がかかってしまい、ガニ股になっている方がよくいらっしゃいます。

ふくらはぎの外側の部分にピキッとした痛みやズーンと重いダルさを抱える方は、骨盤がずれていることが考えられます。 この場合は筋肉ではなく骨格に問題があることが考えられるので整体などで骨の調整や骨盤の矯正してあげることが必要かもしれません。

 

280x286x70c4ff4e8d78d13cb779aae4


以上の事柄をまとめると、

・柔らかいふくらはぎが全身の血流を良くしてくれる
・食生活の崩れや水分不足がこむら返りを引き起こす
・ふくらはぎが硬いと猫背姿勢が強調されてしまう
・骨盤の歪みがふくらはぎの痛みに関係している

また、ふくらはぎを引き締めるためには負荷が必要なので、エレベーターを使わずにアキレス腱の伸び縮みを意識して階段を昇り降りしたり、1分間ほどのつま先立ちスクワットなどを少しずつ生活に取り入れていくと良いかもしれません。
負荷をかけた後は揉んだり温めたりして疲労を取って下さい。

そして、体の中でもセルフケアのしやすい部分ですので、整体に行きたくてもいけないときはふくらはぎを揉んでみてください。

 

ブログ:猫背の原因はこんな意外なところにもあったんです | 金沢市の整体なら女性でも初めての方にも安心の道下カイロプラクティック整体院

道下カイロプラクティック整体院

  • メールからのご予約
  • アクセスMAPをみる
ご予約・お問い合わせ TEL:076-254-0103
オフィシャルフェイスブック
PAGE TOP