MENU

MENU

【指ケア】ばね指の改善に必要なセルフメンテナンス

ゆびの痛みを自分で解消|金沢市香林坊片町|道下カイロプラクティック整体院

指の痛みにお悩みではありませんか?

指が痛くて仕事にならない!いつも指を使うけど、休めないからなかなか治らず痛みが長引いてしまっている。
そんなあなたに実践して頂きたい2つのメンテナンスを紹介しています。


よく聞くけど、ばね指ってどんな症状!?

ばね指は指が曲がったままになったり曲げ伸ばしが難しい、痛みを伴うといった指の症状です。

肘の方から指先までの筋肉によって指を動かすことができます。
肘からの筋肉は指先の方になると白く細い腱(けん)に変わります。
その腱のサポーターとして鞘(さや)の役割を果たすのが腱鞘という組織です。
指のオーバーワークによって筋肉を酷使した結果、鞘の周りに老廃物が溜まり込んでいきます

老廃物によって膨れ上がった腱鞘が神経に触れてしまうと痛みが出たり、曲がって固まった指を無理に伸ばそうとしてバネのように弾むというのがばね指の症状です。

今までは大丈夫だったのになぜ急に!?…それは姿勢のせいかも

指の痛みの主な原因は2つあります。1つは指の使い過ぎです。指の周りの腱鞘などの組織の疲労が回復する間もなく酷使されることで炎症が起こり痛みを出してしまう。


もう一つは筋膜のつながりによって出る痛みです。アナトミートレインによると、親指の筋膜はフロントのアームラインによって肋骨へ、四指の指はバックアームラインによって肩甲骨へとつながります。姿勢の崩れによる巻き肩や肩こりのよって胸郭周囲の筋膜が硬くなり引っ張られた先である指に痛みが出ることもあります。指の動きを邪魔している硬さが指以外の場所にある事が多いです。それを検査し見つけていく事がばね指の症状の改善につながります。

ばね指を自分で治す2つのセルフメンナンス

※メンテナンスを行う前に気を付けて頂きたい事

炎症が起こっていて指を動かうたびに強い痛みが出るときは悪化する恐れがあるので行わないでください。
冷やすと良いですよ。

炎症が落ち着いたところでこの後に紹介する指のメンテナンス1日2回の習慣になさってください。
併せて肩こりを解消させ、姿勢をキレイに保つことでばね指の痛みの再発を防ぐことができます。

指くるくるメンテナンス

手の指を1本ずつ、くるくると回して腱の部分をストレッチします。
親指を回すには人差し指と中指で第一関節から下を固定し、反対の手で親指の第一関節より上を持ってください。
右回し10回、左回し10回、左右に10回くるくると回します。
人差し指を回すには親指と中指で第一関節の下を挟み、反対の手でくるくる回します。
中指を回すには親指と薬指で第一関節の下を挟んで、反対の手でくるくると回してください。
この要領で5本指全てを行い、反対の手も同じようにします。
終わった後は握りやすさ指の軽さが変化しています。
ばね指予防のためには1日2回、仕事の前と寝る前におこないましょう。

※回している時に強い痛みがある場合は行わないでください。
パキパキと音が鳴る分には問題ありませんので続けてください。

指とつながる胸筋のストレッチ

壁を使って大胸筋や小胸筋を伸ばします。

壁際に立って体の横を向け、壁側の手を後ろに伸ばしを壁につけます。
壁側の脚を1歩前に出し、体を外にひねります。

胸から肩の付け根にかけてピーンと突っ張っていますか?そのまま20秒~30秒ほど伸ばしましょう。

多少痛みがありますが、嫌な痛みでなければ続けてください。

親指とつながりが深い胸の筋肉を伸ばすことで指の使い過ぎを防ぎます。
指は指だけでなく、胸などの筋肉の力を借りて動いているのでストレッチの効いた胸筋が指のクッションになってくれます

また、デスクワーク中に集中が切れてきたときも、このストレッチで交感神経を刺激することで集中しなおすことができます。
昼食後の気だるさの解消にも役立ててください!


いかがでしたでしょうか。
・指の痛みは腱鞘に溜まった老廃物が神経を締め付けて起こる
・姿勢の崩れが指の負担を大きくしている可能性もある
・使い過ぎた指はほぐして休ませなければいけない

指は毎日使うところなので治りにくく、長引いてしまう事が多いです。手術しないと治らないのかと落ち込んでしまう前に毎日のケアを試してみてください。きっと今よりも良くなると思いますよ。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

道下カイロプラクティック整体院

  • メールからのご予約
  • アクセスMAPをみる
ご予約・お問い合わせ TEL:076-254-0103
オフィシャルフェイスブック
PAGE TOP