MENU

MENU

【今すぐできる】運動や食事制限が苦手な方のためのダイエット方法とは!?

夏のダイエットと生活習慣| 金沢市で女性でも安心の整体|道下カイロプラクティック整体院
本格的な夏になってまいりました。みなさんはしっかりと食事をとっていますか?先日お客さんとのお話しで、「夏バテしてませんか?」と聞くと、『最近は食欲が止まらないから大丈夫です(^^♪』と言っていました。夏はおいしい食べ物がたくさんありますからね。スタミナをつけるためにうなぎやお肉や中華料理が食べたくなったり、みずみずしい野菜やお魚、つるっとしたのど越しの冷たい麺類など、みなさんも夏ならではの食事を楽しんでいるかと思います。たくさん食べられるのは良いことですね(^^)
しかし、そこで気になってくるのがやはり体重ですね。『こんなに食べてしまって大丈夫かしら。。。』なんて思いながらついつい食べ過ぎてしまっていることはありませんか?
しかし、外は気温が高く運動する気にはなれないし、そもそも運動苦手だという方もいらっしゃいます。そんな方の為に、運動をしたり食事を気にせずに痩せるための方法役立つ情報を紹介させていただきますので、もし興味のある方はぜひ最後まで読んみてください。


夏太りの原因は〇〇が下がっているから!!

夏はほかの時期に比べて気温が高いので、汗をかくことが多く体温が上がりやすいですよね。勝手に体温が上がってくるので、体が体温を保とうとする力は、冬の寒い時期に比べて弱くなってしまうのです。つまり冬場よりもエネルギーを消費しようとする働きの基礎代謝が下がっていることになります。
基礎代謝量が下がりすぎてしまうと、脂肪を燃焼する力が弱くなりますし、体に入ってきた栄養をエネルギーに変えることが出来ないため、脂肪が体の中に溜まりやすくなる悪循環が産まれます。これが夏に太りやすい原因ですね!

下がりやすい基礎代謝をさらに下げてしまっているNG習慣

夏太りの原因はほかの季節に比べて基礎代謝量が下がりやすいことをお伝えしていきました。他にも基礎代謝を下げてしまう夏ならではの習慣が夏太りの原因に関係しているかもしれません!あなたの生活をにもその習慣がないか見直してみましょう。

エアコンで体を冷やし過ぎていませんか?

家や職場で使っているエアコンの設定温度は適切ですか?環境や省エネ、節電の為にエアコンの温度設定を28℃にするという働きが進められています。これは基礎代謝を維持するのに、効果が高いと言われています。
必要以上にエアコンに頼り過ぎると、体温が下がってしまいます。体温が下がれば体は脂肪を燃焼しようとしなくなります。
元々体温が低い方は基礎代謝体温が下がることで、内臓の体を平常に保つ働きが抑えられ、むくみや冷えや全身のダルさなど体の不調が出やすいこともありますので、くれぐれも体を冷やし過ぎないように注意してください。

シャワーで済ませていませんか?

暑いからといって入浴をせずにシャワーで済ませていませんか?しっかりと湯につかり一日の疲れをとる事も、体温を下げないための生活習慣といえます。シャワーだけだとすぐに体温が下がってしまうので。入浴は汗をかくことでエネルギー消費もできますし、体温が上がる習慣を取り入れることで基礎代謝が上がっていきます。38℃ほどの湯に20分ほど浸かるように心がけてください。

アイスなど冷たいものばかりを食べていませんか?

なぜかアイスの消費量が全国的に高い石川県ですが、みなさんも大好きなアイスクリームを一日に3つも4つも食べてしまう事はありませんか?基礎代謝の下がっている時にアイスなどの糖類を多く含んだものを食べ過ぎると余分な糖質の分解が追い付かなくなって、そのまま脂肪として体の中に残っていきます。冷たいものをとり過ぎることは体温を直接下げてしまうため、アイスは基礎代謝の高まっているお風呂上りに一つだけ食べるなど、決めておきましょう。

睡眠時間は充分にとれていますか?

夏の時期に基礎代謝が下がってしまう原因に、良い睡眠がとりづらいということもあります。睡眠によって筋肉が休まれば、その分日中の活動がしやすくなり、エネルギー消費が行えます。暑さで何度も目が覚めてしまうなど寝苦しい日が続き、昨日の疲れが翌日に残ってしまうと、基礎代謝が下がってしまい、筋肉が脂肪を燃焼する仕事に手が回らなくなります。
エアコンのタイマー機能をうまく使ったり布団のシーツを冷感のある体温を下げやすいものに変えるなどして、寝苦しい夏を快適に過ごす工夫をすることも必要かもしれません。

【今すぐ実践】基礎代謝をグングン上げる!簡単な夏のダイエット方法とは!?

姿勢を正しましょう

姿勢を正す事を習慣づけるだけで、体の奥にある筋肉(斜角筋、横隔膜、腸腰筋、内転筋、後脛骨筋など)インナーマッスルを活躍させて基礎代謝を上げることができます。
猫背や巻き肩の姿勢になっている時はインナーマッスルは働いていません。胸を張り肩甲骨を引き下げている時だけインナーマッスルは働きます。骨盤の前傾や後傾、O脚やX脚などの姿勢はインナーマッスルの働きを弱くするので、歪みの症状だけでなく基礎代謝の低下にもつながります。
横から見たときに耳の穴、肩、股関節のラインが一直線に揃う姿勢を心がけましょう。

深呼吸を毎日しましょう

基礎代謝は呼吸や血液の循環などに必要なエネルギーなので、深く呼吸をすることは基礎代謝を上げることになります。冷え性の方に多く見られるのが、呼吸が早くて浅いことです。呼吸が浅ければエネルギー消費が少なく基礎代謝は下がります。深呼吸をゆっくり大きく行うと横隔膜から腹筋が動いてシェイプアップ効果も期待できます。1日のうちに数回、深呼吸をする習慣を取り入れてください。

食事はゆっくり噛みましょう

食事をするときは、一口に30回噛むことを習慣にします。食べたものを栄養に変えるときに使われるエネルギーの消費量を増やすことになり、食べながら基礎代謝量をアップさせることになります。満腹中枢を刺激して食べ過ぎの予防もできますし。満腹感は20分ほどで感じられるようになっているため、普段から早食いの方は太りやすく注意が必要です。

水分をたっぷりとりましょう

一日に1.5~2ℓほどの水分をとるように心がけましょう。筋肉の70%ほどは水分でできていて、体の水分量が適切でないと活躍できる筋肉が減り、基礎代謝を下げてしまいます。体が硬いと感じている方は筋肉を柔らかくて良い状態で保つための水分が足りていない可能性もありますので、特に意識して摂るようにしてくださいね。

汗をたくさんかき、筋肉の中のたんぱく質を消費する有酸素運動を長時間行うことも、実は基礎代謝を下げることになりますので、ダイエットには不向きとされています。基礎代謝に関しては、ジョギングやホットヨガなどで外から上げようとせずに生活習慣や姿勢を整えて、内側から上げていくのが良いのかもしれませんね。

【簡単】背中の褐色細胞を味方につける肩甲骨エクササイズ

背中の肩甲骨と肩甲骨の間の辺りには褐色脂肪細胞(かっしょくしぼうさいぼう)といって、基礎代謝を上げるのに有効とされる良質な脂肪があります。これを活性化させる簡単なエクササイズを一つ紹介します。

1.肘を直角に曲げ、体と平行にする

2.胸を張る(できれば手を体よりも後ろにする)

3.肩甲骨が動いていることを確認しながら、肘をゆっくりと上下に動かす

テレビを見ながらでもよいので1~2分ほど行ってください。

この動きを繰り返し行うことで背中の褐色細胞が呼び起こされて基礎代謝をグングン上げて脂肪を燃やしやすい身体へと変わっていく事が期待できます。
ぜひ行ってください!!


夏は基礎代謝が下がりやすいにもかかわらず、ストレスや自律神経の乱れからついつい食事の量が増えてしまいがちです。個人的にはいつの時期でもたくさん食べることは良いことだと思っています。なので食べたものの栄養をちゃんと吸収して、エネルギーに変えて消費するという事を体の中で行えるように、夏の暑さで乱れがちな生活習慣整えて頂ければと思います。
この記事を読むことで、あなたが自分の体にとって良いことをしてみようと思って頂けたら私はとても嬉しいです。

道下カイロプラクティック整体院

  • メールからのご予約
  • アクセスMAPをみる
ご予約・お問い合わせ TEL:076-254-0103
オフィシャルフェイスブック
PAGE TOP